研修医・医学生の皆さんへ

研修医・医学生の皆様

初めまして、横浜市立大学緩和医療科です。

皆様の中には緩和ケアといえば、癌の末期の患者さんに施されるものとイメージを持っている方がいるかもしれません。
時代が経つにつれて、そのようなイメージは変化しており、緩和ケアは癌と診断されたときから主治医の先生とともに連携しながら、介入を開始していくことが多くなってきています。また癌と限定しなくても、どんな病気にかかっている患者さんでも対象となります。

例えば、癌に対して化学療法が開始される前にあらかじめ痛みなどの症状に対して介入ができれば、より治療がスムーズに進みますし、もし症状が増悪していったとしても患者さんの特性などを理解しているため、適切な緩和医療を提供できます。
癌ではない患者さん、例えば心不全の患者さんや慢性進行性の疾患に対しても、私たちは積極的に介入しています。末期の呼吸不全の症状が出る前から患者さんと早期から関わっていくことで、意思決定能力が低下する前に、終末期にどうしていきたいかを確認していくことができます。

緩和ケアは以前に増して需要が増えており、悪性疾患を扱わない診療科においても、緩和ケアの基本的な知識は必要になってきています。将来、緩和ケアに携わりたいと考えている皆様はもちろんのこと、緩和ケアに従事する予定のない皆様にも基本的な緩和ケア診療ができるようにします。さらに緩和ケアで行う専門的な治療についての知識や手技なども習得していただければと思います。

緩和ケアチームの医師は、もともと消化器内科、臨床腫瘍科、総合診療科、産婦人科、精神科など多彩な診療科から構成されています。
所属する診療科を決めていても全く問題はありません。短期間の研修であっても、必ず今後の診療の助けになるはずです。個性的で優しいメンバーがお待ちしています。一緒に楽しく仕事をしましょう。
緩和医療科では研究も行っていますので、興味があれば是非、一緒に緩和医療の世界を変えていきましょう。もちろん臨床現場でとことん鍛えたいと考えている皆様も大歓迎です。

緩和医療科の写真
緩和医療科の写真
緩和医療科の写真
緩和医療科の写真
TOPへ戻る