研修プログラムの特徴

当院の緩和医療専門医プログラム

緩和医療学会専門医を目指す方へ向けたプログラムを紹介します。
先生の学びたい内容に対し柔軟に対応します。
元の専門科は問いません。
是非、ご相談ください。

横浜市立大学附属病院 緩和医療専門医育成プログラム

Ⅰ.目的

緩和医療に関する知識と技量を身につけることにより、緩和医療関連業務(緩和ケアチーム、緩和ケア病棟、在宅緩和ケア)に従事し、次世代教育を担う医師を育成する

Ⅱ.特徴

  • 苦痛症状緩和が必要な入院患者に対して緩和医療科での診療を行う。
  • 苦痛症状緩和が必要な入院・外来患者に対して緩和ケアチームでの診療を行い・コンサルテーション業務に参加する。
  • 緩和ケア医に必要な腫瘍学やがん薬物療法・支持療法に関する指導体制がある。
  • 症状緩和目的の放射線治療、神経ブロックについて各専門科と討議し、治療を選択できる。
  • 症状緩和目的の外科的手術、整形外科的手術について各専門科と討議し、治療を選択できる。
  • 充実したリハビリテーション医療体制があり、がんのリハビリテーションを学ぶことができる。
  • 非がん疾患に対する緩和医療を学ぶことが出来る。
  • 地域の医療機関(機能強化型在宅支援診療所、緩和ケア病棟)との地域連携カンファレンスを通して在宅緩和と緩和ケア病棟との連携、地域サポート体制を学ぶことができる。
  • 本プログラム内で高度型がん診療連携拠点病院の緩和ケアチーム診療の役割を学ぶことができる。
  • 緊急緩和ケア病床を用いた速やかな症状緩和の提供、地域緩和ケアへの貢献を学ぶことが出来る。
  • 医学部6年次生の病棟実習、初期臨床研修医への教育を通じて自らも学ぶことが出来る。
  • 横浜市医療局や横浜市医師会と協働し、地域への啓蒙活動に参加できる。

Ⅲ.募集対象

下記を満たす医師を対象とする

  • 後期臨床研修を修了した医師
  • 厚生労働省基準の「がん診療に携わる医師に対する緩和ケア研修会」を修了していること
  • 臨床研修期間やその後の臨床経験において、苦痛をかかえるがん患者の診療経験があること
  • チーム医療を理解し協調性があること

Ⅳ.研修項目

日本緩和医療学会 緩和医療専門医研修カリキュラムVer1.3に準じ、当院の特質を活かした研修を行う。

Ⅴ.研修期間とプログラム

原則として2年間とする (希望と相談により延長可)
希望に応じて、臨床腫瘍科、リハビリテーション、精神科リエゾンチーム等での研修を調整する。
また機能強化型在宅支援診療所や緩和ケア病棟の院外施設での研修も希望があれば個別に調整する。

プログラム作成・指導管理責任者;日下部明彦(緩和ケアセンター/総合診療医学)
akihiko【アットマーク】yokohama-cu.ac.jp
( メールを送る際は【アットマーク】を@に変えてください)

TOPへ戻る